知ってて得するマナー集|賞状の知識館

知ってて得するマナー集

HOME > 知ってて得するマナー集|賞状の知識館

賞状の知識館

賞状とは ・ 日本の最高の賞状って何? ・ 大勲位菊花章 ・ 桐花大綬章 ・ 旭日章 ・ 瑞宝章 ・ 宝冠章 ・ 文化勲章
褒章とは ・ 国民栄誉賞 ・ 賞状のルーツ ・ 賞状のデザイン構成 ・ 表彰状・感謝状・賞状の違い ・ 句読点  
賞状の渡し方受け取り方

総数21件 1 2


政府が発行する国民栄誉賞 
国家が発行する場合は章の文字を書き、国の公的機関が発行する場合は賞の文字を書きます。
賞状の紋が叙勲・褒章では菊のもんでしたが国民栄誉賞は金箔の桐の紋になっています。
上は安倍総理から長嶋茂雄さんに与えられた国民栄誉賞です.
国民栄誉賞は国の栄典ではなく国民的な栄誉を讃える内閣総理大臣表彰の一つです。
国民栄誉賞の創設は1977年に当時の首相 福田赳夫により創設されました。
当時の内閣総理大臣・福田赳夫が、本塁打世界記録を達成したプロ野球選手・王貞治を称えるために創設したのが始まりでした。
その目的としては、広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績があったものについてその栄誉を讃えることと規定されています。
本賞の表彰の仕方を定めた国民栄誉賞表彰規程実施要領では表彰の候補者について、「民間有識者の意見を聞くと定めており、首相の要望だけでは決められない仕組みになっています。
受賞者には「表彰状及び盾」のほか「記念品又は金一封」が贈られるとなっていますが、これまでは、すべて記念品の贈呈でした。
王には鷲の剥製
2011 FIFA女子ワールドカップ日本女子代表には熊野筆の化粧筆7本
吉田沙保里には真珠のネックレス 
振袖で表彰を受けた伊調馨には西陣織による金色の帯が贈られています。
贈呈・表彰式は慣例で内閣総理大臣官邸で開催されますが2013年(平成25年)5月5日に実施された長嶋茂雄・松井秀喜への贈呈は特例として東京ドームにおける読売ジャイアンツ(巨人)主催公式戦の中で松井の引退式を兼ねて実施されました。
この日の贈呈式において安倍晋三は現職の内閣総理大臣でありながら巨人のユニフォームを着用して参加しています。


ルーツは中国の殷から秦の時代にかけての紀元前200年以上前にその時代の君主が貴族などに与えた青銅器が賞状の役割に近いものだったように思います。
青銅器は、貴族の家で祭りを行う時に酒、水、調理器具を入れた道具、または楽器(鐘)などとして作られました。
このような青銅器の蓋や、内側の部分に金文という記号のような文字を書き記し「ここに記念の品を贈与する〜」などという意味が書かれていたことから、賞状のルーツと考えられます。
その後、竹に文字を書いたものが秦の始皇帝の時代の統治制度の中で主流になり情報伝達のツールとなって行きました。
印鑑もこの時期に多く作られました。
誰がいつこれを読んだかなど、サインと日付けも記載することで明確に伝わったかが分かるようにしたのです。
賞状や認定証は、甲羅→石→金属→竹→紙 の歴史を辿ってきました。
昔中国の宮中では、皇帝が介する正式な人事発令や褒章に用いた書状や褒状の飾り縁に「鳳凰」の図柄が用いられていました。
日本の宮中行事の神文などに用いられていたものが「桐」です。
その二つが合体したものが現在の賞状用紙のデザインの起源となったようです。
宮中など一部の公式行事に 使用されていたものが、明治以降の近代に入って官公庁の正式行事に用いられ、次第に一般庶民にも使い伝えられるようになり現在に至っています。

賞状用紙の周囲(縁枠)に施されている図柄は、次の3要素で構成されています。
中央上部の雲状の図柄である「雲龍」
その雲龍の左右に配図された一対の「鳳凰」
下部から左右上部へと鳳凰に向かって伸びる「桐」
鳳凰とは
賞状デザインの構成
鳳凰は、古代より近世の中国における宮中行事において用いらた、非常に尊く大変目出たいとされた四瑞(龍・亀・麒麟・鳳凰)の一つです。
聖徳の天子の兆しとして現れると伝えられる想像上の瑞鳥です。
鳳凰は、夫婦仲が大変良く一生涯を連れ添うと言われ、雄を「鳳」雌を「凰」と言い夫婦あわせて鳳凰と呼ばれています。
賞状用紙では、向かって左側の「鳳」と、右側の「凰」が向か合っている形にデザインされています。
雲竜とは

本来は雲と龍を合わせもって呼ばれますが、鳳凰と同様に四瑞の一つである龍とともに雨を呼ぶ幸運の雲でその雲についても「雲龍」と言って尊ばれています。

桐とは

桐は、原産国である中国では古来より「鳳凰が宿る尊い木」とされまた「鳳凰は朝日を浴びた桐の葉の光に目覚める」とも言い伝えられています。
その幹は色白く伸縮や割裂などのくるいが少なく、吸湿度も低いことなども合わせもっていることから尊く目出たい植物として日本に伝来し菊とともに皇室の紋章ともなり、また神文(神への誓約書)にも用いられるようになりました。

◆表彰状

人がある活動において優秀な成績をあげ、大きな功績を残したり、他の模範となるような善行があった場合にこれを讃えて授与される賞状です。
表彰状は多くは公共性を帯びたものであり、数ある賞状類の中でも最も上位に位置づけされるものです。
したがって社会的な信頼度も高く名誉ある賞状と言えます。
永年勤続・定年退職・学会・PTA・コンテスト・無事故無違反・長寿などに使用されます.

◆感謝状

日常私達が感謝の言葉として言っていることをあらためて書状にしたものが感謝状です。
表彰状のようにかしこまらずに、公共団体から個人へ、町内会や自治会といった地域の団体からその協力者といった形で贈られます。
永年勤続・定年退職・家族・ボランティア活動 などに対して
◆賞状

元来賞状とはすべてを含んだ書状の総称です。
限られた言い方をする場合は、例えば研修会、文化活動、スポーツ大会というように、日ごろ私たちの生活にもかかわりの深い、各種イベントのようなものが対象となります。
スポーツ・競技・コンクール・学術や学会・などに多く使われす。

     
通常、文面を作成する場合は、文言の理解を高めるために「、や。の句読点」を付けるのが現在では一般化されていますが表彰状や感謝状などでは「句読点を付け ない」のが慣習になっています。
その起源は、古来より日本で用いられていた毛筆を用いる文化に発し宮中行事の「神文」や、天皇や将軍の意向や決定を伝える 「下知(命令書)」を初め、あらゆる書き物の文面において句読点を付けない慣習がありました。
文脈が理解しがたい部分に限っては「字間を一字空けたり、 改行していた」ことからきています。
明治時代に入って欧米の文化や習慣が次々と取り入れられ、あらゆる文面の書式においても欧文の句読点である 「,(カンマ)」「.(ピリド)」の導入が検討された際や、その後において日本式の(点)(丸)が統一表記が決定された際にも、表彰状や感謝状の文言に限っては本来 は表彰する相手を敬って手渡すものであり、従来付いていない句読点を改めて付けるということは相手を見下すことになって、表彰する目的からはそぐわないという 理由から、以後も従来通り句読点は付けないことにしたという経緯があったようです。

★賞状の渡し方

賞状盆上に一人分づつ、記念品と賞状を載せます。
一人の人がそのお盆を持って賞状を渡す人の斜め後ろに立ちます。
賞状盆は二枚用意し、新しいものをお出しするときに、使用済みの方を引っ込めます。
賞状をお盆から取って読んだ後、次にお盆から記念品を取って渡しています。
賞状は直接渡しますが額は別に渡します。

★賞状の正しい受け取り方
   
表彰状などを受け取る場合は、まず表彰状などを受け取る相手から1歩から1歩半程度離れた場所に移動します。
相手が賞状をこちらに渡してくるタイミングに合わせて相手に1歩近づきます。
右手または左手を外側に回すようにしながら前に出し表彰状を持ち、その後反対側の手も同じようにしながら前に出し、反対側を掴みます。
その後相手が手を離したら先ほど前に出たのとは逆の手順を踏むように1歩後ろに下がり、手に持っている表彰状などを右脇もしくは左脇に挟み、元の位置に戻ります。

総数21件 1 2